Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

外れなしの味噌料理ならココで食べる!カクキュー八丁味噌の休右衛門

休右衛門

あなたがもし赤味噌(豆味噌)好きで、ウマい味噌料理が食べたいと思った時、まず間違いない店がある。

それがカクキュー八丁味噌の中にある味噌処・休右衛門(久右衛門)だ。

なぜここがオススメなのかというと、八丁味噌蔵が運営している味噌料理のレストランだからだ。

味噌の事を知りつくしている会社の味噌レストラン。どういったものか早速チェックしてみよう!

カクキュー八丁味噌公式サイト

休右衛門の口コミ | 食べログ

カクキュー八丁味噌の地図

休右衛門の店内

開店時間店内から少し過ぎた時間に入ると…おお!お客さんでほぼ埋まっている!

休右衛門の食券自販機

休右衛門は牛丼の松屋みたいにまず最初に食券を買うシステムになっている。食券を買って席でオ-ダ-。もし追加したいならまたここで食券を買おう。

今回はいくつかの味噌料理を注文してみた。

休右衛門・味噌煮込みうどん

まずは王道ともいえる味噌煮込みうどん。三河地方の郷土料理でもある。

うどんを八丁味噌で煮込む料理なのだが、味噌で煮込む事でまろやかになり、麺はもちろん具にも味噌がしみ渡る。

八丁味噌をふんだんに使った味噌煮込みうどん

また食べる事でかなり体が温まるので、特に冬はおすすめだ。

味噌田楽

そして味噌田楽。こんにゃくや豆腐、卵の上に味噌がかけられている。私が好きな味噌料理のひとつで、私の感想だがこれは味噌の旨みがよくわかる料理だと思う。

その理由は、こんにゃく、豆腐、卵は薄味なので濃厚味噌が絡みやすいからだ。まあ、味噌をかけてしまえば後は食感の違いになる訳だが、味噌好きにはタマラナイ一品でもある。

八丁味噌餃子

こちらは味噌餃子。餃子の中に味噌が仕込んであり、良いアクセントになっている。

普通の餃子は中華料理だが、この味噌餃子は和食の餃子といった感じで珍しい。

八丁味噌マーボー豆腐

そして味噌麻婆豆腐(みそ マーボー豆腐)。

私もはじめはマーボー豆腐と味噌って合うのか?とかなり衝撃だったが、考えてみれば濃い味同士相性も良い。ひき肉、そして豆腐に味噌が絡んでごはんが進む。

さらに極め付けがこれだ!!

かなり珍しい八丁味噌ソフト

八丁味噌パフェ。

肝心の中身は、味噌カステラ、味噌ソフ、粒甘味噌、味噌プリッツという、全て味噌ずくし。

一見、ゲテモノっぽいが、食べてみると味噌とクリ-ムの相性が良すぎる事がわかる。

具体的にいうと、八丁味噌はコクが強く、そのコクとクリ-ムのコクがマッチした感じといえばわかりやすいだろうか?

また味噌の塩分もクリ-ムと合うので、この組み合わせはスイーツ好きの方は是非チャレンジしてもらいたいと思った。

さて、私の感想だが、この休右衛門はカクキュー八丁味噌の工場見学とセットでおとずれるのが良いと思う。

その理由は工場見学では目と耳で、そして休右衛門では口で味噌を学ぶ事ができるからだ。

まあ、学ぶといえば少しおカタイ雰囲気だが、見学後だからこそより味わい深いものがある。

そして近くの岡崎城とセットに観光すれば、半日以上の観光プランも出来上がるので、家族で出かけたり、カップルのデートコ-スとしてもアリではないかと思う。

八丁味噌工場見学の様子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク