Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

麺家しずる刈谷店の注意したい3つのポイント

愛知県刈谷市に二郎系ラーメンで有名な店がある。それが麺家しずる刈谷店だ。

>>麺家しずる公式サイト

>>麺家しずる刈谷店の口コミ | 食べログ

実は刈谷市内には同じ麺家しずるの逢妻店というのがあるが、この刈谷店は刈谷駅からも近く、平日でも大勢の客でにぎわう有名店だ。

ではその人気店のラーメンとはどんなものなのか?早速レビューしてみよう。

■麺家しずる刈谷店の住所■

刈谷市神明町2-35

麺家しずる刈谷店の地図

駐車場はここ!

麺家しずる刈谷店の駐車場は2つある。一つは店舗裏に数台の駐車場があり、もう一つは近くのパチンコメイホウ刈谷店の立体駐車場が利用できる。この立体駐車場からしずる刈谷店まで徒歩1分だ。

これが注文方法

麺家しずる刈谷店は食券制になっており、初めに食券を買って席で待つスタイルだ。牛めしの松屋と同じなのだ。

そして食券を渡すときに必ず聞かれるのが細かな変更点。どういうことかというと、ニンニク、背脂の量、そしてスープの濃さと麺の硬さをお好みにできる。

例えば【マシ】だと通常の2倍の量。【マシマシ】だと通常の3倍の量を無料で追加できる。

ココでの注意点は、チケットをスタッフに渡すときに注文するということ。ラーメンをが出来上がってからの申し出は基本的に不可なので、オーダー時に注文しよう。

これが台湾ラーメン

今回は台湾ラーメンをオーダーしてみた。並盛750円だ。

台湾ラーメンの頂上に半円形のものが乗っているが、これがニンニク。すりおろしではなく刻んであるみたいで、ザクザクの触感がニンニク好きにはたまらない。

まず最初にニンニクを味わっても良いし、崩してスープやラーメンと絡めて食べるというのもありだろう。

そして覚えておきたいモヤシ(野菜)。この大量のモヤシの下に麺が埋もれているので、まずはこのモヤシをある程度食さないと麺にたどり着くことができない。

そしてたどり着いた麺は太麺。しずるの濃厚スープによく絡み、食べ応えもある。

台湾ラーメンのスープ。しずる刈谷店の台湾ラーメンのスープは、あまり辛くないので、辛さが苦手な人にもオススメできる。ちなみにこのスープも普通と濃いめを選ぶことができる。

3つの注意点

ではしずる刈谷店の注意点を3つほどチェックしておこう。まずはカウンター席のみなので、ファミリーの食事には向いていないという事。当然子供イスも無い。

あと空いている時間帯に奥の席に行きすぎると、混んだ時に客が座っているカウンターイスの後ろを通るので、なかなか困難なのだ。

平日でも週末でも正午に近づくにつれ混むので、できれば入り口近くに座るようにしたい。

2つ目の注意点は『おかず系』の食べ物が無いという事。ラーメンとゴハンもの、つまり炭水化物のメニューしかないのだ。

細かなことを言えば、トッピングの生卵やキムチなどはあるが、唐揚げや餃子などのちょっとしたおかずも無いので、ひたすらラーメンやご飯モノを食すスタイルになっている。

そして3つ目の注意点は店内に入ることができない待ちの状態になりやすい点。

店内はカウンター席が10席ちょっとしかなく、またしずる刈谷店のラーメンは注文してから提供されるまで10分くらいの時間がかかる。これは太麺だからだろう。

なので待たずにスムーズに食べたいなら、開店直後の午前11時を狙うのが良い。

忘れたくない特典はコレ!

私の感想だが、麺家しずる刈谷店は注意点だけではない。チェックしておきたい特典もある。それはライン(LINE)の友達追加だ。

その理由は、LINEの友達追加をすると、ぶたまの無料トッピングをサービスしてくれるからだ。

ちなみにぶたまとは、豚肉(チャーシュー)と煮卵の事。友達追加だけなので簡単にできる。ほかの店舗でもこのサービスはあると思うが、刈谷店でも忘れずにチェックしておこう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク