Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

餃子の王将でタイ料理!稲沢店トムヤムクンラーメンとパッタイの感想

全国チェ-ンの餃子の店として知られる餃子の王将。

たぶんあなたも一度は行ったことがあるだろう。基本中華料理の店で餃子が有名な王将だが、なんと本格的なタイ料理を提供する店舗が愛知県稲沢(いなざわ)市にあった。

それが餃子の王将・稲沢店だ。

■餃子の王将・稲沢店の場所の住所■

稲沢市正明寺2−13−25

餃子の王将・稲沢店の地図

>>餃子の王将・稲沢店の口コミ | 食べログ

王将でタイ料理とは想像もつかないが、ともあれ実際に店舗に行って体験してみたので、その様子を共有したいと思う。

駐車場と営業時間

まず駐車場だが、稲沢店に45台の車を停める事ができる駐車場がある。これで車で訪れる際にも安心だ。

そして営業時間は午前11時~午後11時(ラストオーダーは午後10時半)

メニュー表

そして餃子の王将稲沢店のメニューだが、まずは日替わり定食が店の前の黒板に書いてある。

この内容で695円+税ならお値打ちだと思う。

そして店内のメニュー表。タイ料理がズラリと並んでいる。一例を挙げると次の通りだ。

・トムヤムクン(570円)+税

・トムヤムクンラーメン(650円)+税

・パッタイ(528円)+税

・パッカパオ(560円)+税

・カオマンガイ(700円)+税

あまり日本ではなじみがない料理ばかりだ。正直、オーダーに困ってしまったので、スタッフにオススメを聞いてみた。

するとよくオーダーされる2品を教えてくれたので、今回はスタッフのおすすめメニューに挑戦することにした。

その品が次のものだ。

トムヤムクンラーメン

世界三大スープのひとつ、トムヤムクンをラーメンにしたもの。お値段は(570円)+税。

麺は中麺のストレ-ト。そしてスープはレモングラスの風味が心地よいタイ風の味付けになっている。

そしてこのエビ!食べ応えのあるエビが合計で4匹あって、口に運ぶとプリプリの食感がたまらない!

パッタイ

そしてこれもスタッフのオススメメニュー、パッタイだ。タイ風焼きそばとの事。(528円)+税

実際に食べてみると、焼きそばというより、日本でいう焼きビーフン、もしくは焼きはるさめに近いと思った。

重く無くペロリと食べてしまった。

そしてパッタイにもエビがプリプリの食感を演出してくれているのは嬉しい限り。小エビではなく食べ応えがある。

王道の…

そして餃子の王将といえば、やはり餃子。220円+税。これはタイ料理という訳ではないが。

私の感想

餃子の王将稲沢店の私の感想だが、ここのタイ料理は正直、オススメだと思った。なぜかというと、ほかの王将ではまず食べる事ができない料理が多いからだ。

私はタイで地元のトムヤムクンなどは食べたことがないが、たぶんこの店のタイ料理は日本人向けにアレンジされているのだろう。

確かに日本人にとってタイ料理は、なじみ深いものではない。

学校給食に出るワケではないし、家庭料理でも今日の夕飯がトムヤムクンなんて家庭はそうそうないハズだ。

しかしそんななじみがないタイ料理だが、濃い味付けや個性が強いものが多いが、日本人的には十分アリの料理だと思った。

また値段おリ―ズナブルなので、半分怖いもの見たさでもOKだろう。

割引きと無料で食べる方法

また餃子の王将稲沢店には、割引きと無料で食べる方法がある。

まずは割引方法だが、高齢者と障がい者手帳を持っている人には割引きがあるので、忘れずにチェックしておこう!

そして料理を無料で食べる方法がこちら。

私も今まで何店舗も王将を食べ歩いてきたが、この様な画期的な無料で食べる方法を打ち出した店舗はなかった。

私はこの条件に当てはまらないので、無料で食べる事はできないが、もしあなたが興味があるなら店長に相談してみるのも良いのではないだろうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク