Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

味仙丼にお子様ランチ?変わりメニューの味仙・日進竹の山店に行った感想

名古屋メシの中に台湾ラ-メンがあるが、その台湾ラ-メンの発祥が味仙(みせん)という台湾料理の店だ。

名古屋市千種区今池に本店があるのだが、今では名古屋市内や中部国際空港セントレアにも支店がある人気の店だ。

しかしその味仙の中でも、他店舗にはないといわれる変わったメニューが存在するのがが日進市(にっしんし)竹の山店なのだ。

■日進竹の山点の住所■

日進市竹の山4丁目105番地

日進竹の山点の地図

ではどんなメニューかというと、味仙丼おこさまセットというお子さまランチ。ではこの2つを早速レビューしてみたいと思う。

土日専用の駐車場

味仙・日進市竹の山店には店舗の隣りに駐車場がある。しかし人気店なので、土日は混み合う事も珍しくない。

竹の山店は電車駅が近くに無いので、車で来店することになるのだが、実は土日祝日専用の駐車場というのがあるのだ。

味仙竹の山店の北側に日進市役所北部保育園があるのだが、土日祝日は保育園が休みなので、そこの駐車場を利用できる。

しかしここもあまり駐車台数が多くないので、開店時間近くに訪れるのがベストだろう。

味仙竹の山店の土日祝日駐車場の地図

味仙丼

それでは気になる味仙の珍しいメニューをチェックしてみようまずは味仙丼。

名古屋駅に台湾丼をメニューにした店があるが、台湾丼とは少し違うのがこの味仙丼だ。ス-プ付き。

味仙丼を一言でいえば、丼ではなく皿に盛られたライスにチーズと味仙独特のミンチを乗せたものだ。そしてレタスやトマトなどのサラダも敷いてある。

スタッフのお姉さんに教えてもらった食べ方なのだが、まずはレンゲで全体を混ぜてから食べるというもの。こうすることによって、ミンチの辛さとチ-ズのまろやかさが一体になるのだとか。

私の感想はミンチは台湾ラ-メンに使われているミンチみたいに激辛なのだが、チーズがミンチの辛さをまろやかにする効果があり、混ぜる事によってすごく食べやすくなる。

ひとつ難点を言えば、男の私では量が物足りないと思った。味仙丼は大盛りが無いので、ラーメンなどとセットにすると良いだろう。

おこさまセット

そして味仙のお子様ランチともいえる、おこさまセット。680円。

・天津飯

・青菜炒め

・肉団子

・手羽先唐揚げ

・ゼリ-orフル-ツ

この内容でこの値段はお値打ちだと思う。ではお子様ではないのだが早速食べてみよう!

まずは天津飯。お子様ランチみたいに旗が立っている。味は濃い目。

そして青菜炒め。これは通常単品で注文する青菜を小分けにしたものだろう。ニンニクが効いているし、子供には少しキツめの塩分だ。

そして手羽先唐揚げと肉団子。油料理だが肉料理が好きな子供には人気がありそうなおかずだと思った。

デザートにはゼリ-orフル-ツ。ゼリーは凍らせてあり、夏だとひんやりし食べやすく美味しく感じる。

ということで大人の私が味仙のおこさまセットを食べてみた感想だが、子供に人気の食べ物をそろえているものの、味付けは大人と同じなので、塩分が気になると思った。

ファミレスのお子様ランチなどは、子供用に塩分控えめに作ってあるものもあるのだが、味仙のおこさまセットは、未就学児(小学生以下)には塩分がキツのではないかと思う。

できれば小学生も高学年に近い年齢にオススメしたい。

そういえば味仙の台湾ラ-メンに味噌味が追加された。この味噌台湾ラ-メンは次の機会にチェックしてみたいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク