Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

これがウワサの激辛ラーメンか!刈谷市昇龍の四川ラーメン

01昇龍

愛知県、三河地方に激辛ラーメンで有名な四川料理のチェ-ン店がある。それが昇龍(しょうりゅう)だ。

■昇龍の場所の住所■

愛知県刈谷市末広町2-7-4

昇龍刈谷本店の地図

昨今、愛知県では、中華料理、台湾料理、四川料理といった似た様な料理店、似た様なメニュー、似た様な値段の店が増え続けている。

ハッキリ言って、どこも低価格でボリュ-ムタップリのランチばかりで、正直、嬉しい!

しかしそんな中、普通とは違う個性が飛びぬけているラーメンを出すので有名な昇龍は、今や愛知県、名古屋市のラーメンファンに一目置かれる存在になった店だ!

では、ウワサの四川ラ-メンランチとは、いったいどんなものなのか?

今回は愛知県刈谷(かりや)市の店舗に実際に足を運んでみた。

02昇龍メニュー

店に入ると…

どうやらたランチは日替わりの3種類から選べるようだ。

ちなみに、

A エビチリ

B 豚肉とキクラゲの炒め

C 四川風ニラ玉子

この3つから選べと…

ふむぅ…

キホン、四川ラ-メンを食べに来たのだから、C四川風ニラ玉子はカブるのでありえんな。

では、お得感バリバリの Aエビチリで挑戦してみるか!

04ラ-メン

店内に入ると、ランチのラ-メンが4つの中から選べることを知った。

●四川ラ-メン

●台湾ラ-メン

●豚骨ラ-メン

●醤油ラ-メン

ふむぅ…

名古屋名物の台湾ラ-メンも良いし、豚骨は中華の神髄、しかし日本人にとってラーメン屋の神髄を問うのは醤油…

しかし!

原点を忘れてはならぬ!

ココに何しに来たのかといえば、そう!ウワサの四川ラ-メンを食しに来たのだ!

ということで、

『すみません、Aランチのエビチリに四川ラ-メンお願いします!』

04四川ラ-メンランチそして待つこと10分弱。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

エビチリランチの四川ラ-メン!

これでお値段は税込¥750(2017年05月現在)

早速、吟味してみよう!

05酢から食べる

まずは定食の中からサラダを探して、テーブルに置いてある酢をかけて食べるべし!

なぜかというと、酢のものを最初に食べる事によって、急激に血糖値が上がるのを防ぐためである。

飽食時代の現代、グルメを味わう基本中の基本が、『グルメを楽しみ太らない』という事が大事である。

まずはサラダ、つまり野菜、しかも酢をかけて食べる事によって、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があるからだ。

07漬物

そして漬物。

原材料は大根みたいなのだが、この不自然なピンク色は…

この漬物、昭和の時代から弁当とかには定番だわな。

08エビチリ

そしてエビチリ。

炭水化物のラ-メンは、あくまで最後に食すために、サラダの次はエビチリだ。

さて、このエビチリ、ランチの主役だけあって、プリプリのジューシーさで、歯ごたえもよくタレも甘辛でごはんによく合いそうだ。

またエビチリの下にはキャベツの千切りが敷いてあって、これをカラめながら食べよう。

そうすることで、キャベツのシャキシャキ感とエビチリのジューシー感がコラボして、ダブルで食感と味を堪能できる。

ちなみにエビチリの味付けは濃い目だ。

06四川ラ-メンそして、行くぞぉぉ!メインの四川ラ-メン!

今回はこれを食べに昇龍まで来たのだ!

まず見た目からして赤い…

赤ずぎるぞおぉぉぉ!

09唐辛子そんな中、どんぶりの中に赤い物体を発見!

箸でつまみ出してみると、なんと丸ごとトウガラシ!

これを食べろって?

13麺そして面は、薄くスライスした、ちぢれ麺。

刀削麺のようでもあり、名古屋名物のきしめんをちぢれさせたような麺でもある。

このちぢれ具合がス-プに良く絡み、また食感もよく、激辛ス-プと共にツルっと口の中に入りこんでくる仕組みになっている。

10食べましたそして完食!

私の感想は、確かに激辛だけど、ただ単に辛いだけではなく、うま辛いという表現がよく似合うと思う。

激辛ラーメンというのは多いが、塩辛いか香辛料の辛さが目立つばかりのラ-メンが多い中、この四川ラ-メンは辛さの中にコクというか旨さもちゃんと存在しており、どうりでラーメン通の中でウワサになるほどだ。

激辛で旨いといえば、名古屋めしに代表される味仙の台湾ラ-メンを思い浮かべるが、あの台湾ラ-メンとも違った辛旨の四川ラ-メンである。

11辛味成分食べ終わった四川ラ-メンのどんぶりのフチをよく見てみると…

辛味成分が、くっついておるぞ!

旨辛の辛みのもと。

どうりで辛いわけだな。

ということで、今回レポした昇龍は、辛さ&旨さを求めるラ-メン通にオススメの店だ。

四川ラ-メンはランチで定食として¥750で食べる事もできるので、できればまずはランチでおとずれる事をオススメする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク