Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

味噌入りの堂島ロ-ルってあり?名古屋限定堂島misoロール

サロン・ド・モンシェ-ル

かつて一世を風靡(ふうび)した堂島ロ-ル。

その堂島ロ-ルに名古屋限定のトンデモナイものがあるそうだ。それが八丁味噌を使った堂島misoロールだ。

八丁味噌とは、戦国武将の徳川家康が生まれた愛知県岡崎市にある味噌会社で、創業は400年以上前といわれている老舗の味噌蔵。

岡崎城から西へ八丁(約900m)の八丁村で作り始められたことからこの名前が付いた。

八丁みそ使ったご当地「堂島misoろーる」名古屋限定で販売 | 名駅経済新聞

サロン・ド・モンシェール

八丁味噌協同組合公式サイト

さて、本題に戻ろう。

名古屋には小倉ト―ストといって、あんこが載ったト―ストが有名だが、あの堂島ロ-ルに味噌とは、いったいどんな味なのか検証してみた!

行列

向かった先は名駅のミットランドスクエアにあるサロン・ド・モンシェ-ル。

ここはいつもお客さん賑わっており、持ち帰りも行列ができている。今回のお目当てはもちろんmisoロールだ。

堂島misoロ-ルの説明版

並んでいると説明版を発見!

岡崎市の老舗『カクキュ-』の八丁味噌を生地とクリ-ムに練りこんであるみたいだ。気になる価格は税込で1本1,680円。

堂島misoロール(金シャチロ-ル)

10分ほど並んでようやく買えたmisoロール。商品名は金鯱ロール(きんしゃちろーる)という。

まず見た目が金で、派手好きといわれる名古屋人好みだ。

上から見た堂島misoロール

中を開けると…おお!金鯱ロ-ルという名前そのままに中央に大きな鯱が2つ並んでいる。まるで名古屋城を想わせるスイ-ツだ。

余談だが、名古屋城は徳川家康の命により築城された城で、徳川家康の生まれ故郷である岡崎市の味噌と名古屋城のコラボといった感じだろうか。

横から見た堂島misoロール横から見るとクリ-ムの中に餡(あん)が包まれているのがよくわかる。クリ-ムと生地に八丁味噌が練りこまれているとのことなので、生地はこの色なのだろうか?

堂島misoロール食べてみた

早速食してみようと1つつまんだ瞬間、中からクリ-ムが飛び出した!ちょっ…と…ジューシー過ぎ!クリ-ムがギッシリ入っている。

手からあふれ落ちるクリ-ムを早々口に運んでみると…おお!確かに豆味噌の風味だ。間違いない。

食べる前はちょっと敬遠ぎみだった味噌とクリ-ムの組み合わせだが、食べてみると味噌のコクがクリ-ムによく合っているのがわかる。

また八丁味噌の塩分なのだろうか?ちょっとした塩っ気が、クリ-ムの味わいを引き立てている。

ん?まてよ?

この味わい、というか、この味噌とソフトクリ-ムのコンビネ-ションは以前、味わったことがある…そう、岡崎市のカクキュー八丁味噌だ!

八丁味噌ソフト

愛知県岡崎市にあるカクキュー八丁味噌は、工場見学も行われており、工場の敷地内に八丁味噌ソフトクリ-ムというものが販売されていた。

その時、恐る恐る食べてみたのだが、味噌のコクとクリ-ムの甘さが妙にマッチしていて、かなり美味しかった記憶がある。

詳しくはこちら ⇒ 試食、試飲、お土産も!岡崎市カクキュー八丁味噌工場見学に行った感想

その味に近いものがある堂島ロ-ルmisoロール、いや金鯱ロ-ルだ。

ただ、賞味期限が1日しかないので、遠方の持ち帰りは不便だが、名古屋人や愛知県民には、かなり喜ばれるスイーツだとも思った。

自分用のご褒美に。またちょっとサプライズの贈り物にも喜ばれそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク