Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

このメニューがオススメ!肉のはせ川豊橋店に行ってみた感想

愛知県豊橋市にガッツリ肉系のハンバーグ&ステーキの店がある。それが肉のはせ川豊橋店だ。

■肉のはせ川豊橋店の住所■

豊橋市岩屋町岩屋西1−21

>>肉のはせ川豊橋店の地図

>>肉のはせ川公式サイト

この店は本格ステーキとハンバーグが有名なチェーン店で、三重県や岐阜県にも店舗はあるのだが、愛知県は豊橋店が初の店舗という事で今回行ってみた!

嬉しすぎるメニュー

まず店内に入ろうとすると…なんと、あきたこまち食べ放題、つまりご飯が食べ放題という事なのだ。もっとわかりやすく言えば、ライスお替り自由という意味でもある!

初めてなので、オススメのメニューは何かスタッフに聞いてみると、まずはトリプルバーグという、三種類のハンバーグのセット(1,220円)との事なので、早速注文してみた。

すると、焼き立てのプレートが出てきて白い帯に包まれていた。スタッフがソースをかけると、熱い鉄板にソースが跳ね返り、ジュワジュワと油が跳ねるのだ。白い帯は、その跳ね返る油とソースがが飛び散らない様に工夫したものだった。

そしてスッポリと覆われた3種のハンバーグ。

肉のはせ川の『ハンバーグの召し上がり方』によると、ソースをかけた後、この紙カバーをかぶせた状態で60秒蒸らすと、肉の旨さが完成するみたいだ。

正直、この紙カバーの状態でジュワジュワいっているハンバーグがどんな状態か気になって仕方がなかった。

でもマニュアル通り60秒待ってみよう。

これが60秒待って出来上がった三種のハンバーグセット。左からネギ、チーズ、大根おろしの三種と、ポテト&もやしのセットになっている。

ハンバーグの注意点

肉のはせ川のハンバーグには注意点がある。それは肉本来の旨さを楽しんでもらうため、あえてレアという、半生の状態で提供されることだ。

実際、ハンバーグを切り分けてみると中身が赤い。牛肉なのでこのまま食べることは可能なのだが、もう少し焼いたハンバーグが好みの人は、プレートに付いている焼き場を利用しよう!

プレートの隅に小さなボッチがある。実はそこが高温になっており、肉の乗せるとジュワジュワ追加で焼けるシステムになっている。

レア(半生)からジックリと焼きたい人は、この焼き場のボッチを利用しよう。

季節のオススメ

また肉のはせ川では、季節のオススメメニューというものがある。この画像は夏にオススメのスタミナガーリックステーキ200g(1,090円)だ。

ゴロゴロのガーリック(にんにく9がステーキとの相性抜群の逸品!

セットのオススメはこれ!

肉のはせ川は、基本、肉を注文するのがメインになっており、その他はセットメニューになっている。主に次の3つがある。

  • サラダセット260円 (ライス、スープ、サラダ)
  • ドリンクバーセット330円(ライス、スープ、ドリンクバー)
  • はせ川セット390円(ライス、スープ、サラダ、ドリンクバー)

私の感想だが、私的にはサラダセット260円で十分満足できた。その理由は、スープとドリンクバーだと、ともに飲み放題になるので、カブるからだ。

自分でカスタマイズ

また各テーブルには、岩塩をはじめ、コショウやソース、スパイシー醤油などの追加調味料があるので、好みによって使い分けることもできる。

私のオススメは岩塩だ。その理由は、はせ川の肉は新鮮さが売りなので、肉本来の旨さを味わうことができる。そうすると、岩塩だけで十分に楽しむことができるからだ。まあ、この辺りは個人の好みという事で、いろいろと試してみてはいかがだろうか。

私の感想と注意点

今回、初めての肉のはせ川豊橋店を体験してみて、非常に満足だった。しかし2点ほど気になる事があるので、私の感想という事でシェアしてみたいと思う。

(1)非常に混む

肉のはせ川豊橋店は、今回のレビュー記事を見てもらうと分かるように、肉の旨さを追求した店だ。それがゆえにファンも多く、平日、土日祝日も非常に込み合う。

実際、私が来店したのは日曜日の11時50分頃だったのだが、11時からオープンしているので、すでに2人の待ち(ウェイティング)の状態だった。

これを避けるには、開店時間の午前11時直後に訪れるのがオススメだ。

(2)服装に注意

肉のはせ川は、客のテーブルの目の前でソースをかけるというパフォーマンスを行うので、ソースや油が少なからず飛び跳ねる。それに対して店側は客のエプロンなどを用意していないために、白系の服などを着ている時には非常に気になる。

一応、プレートは白い帯で覆われているのだが、それでも飛び跳ねる油やソースはゼロではないので、服装には気を付けておきたい。

という事で私の感想だが、『今日は新鮮な肉をガッツリ食べたい!』という時には非常にオススメな店だと思う。

人気店なのでランチやディナータイムには込み合うのだが、それは時間を少しズラせば解決できる方法なので、行きたい人は時間をズラして行ってみよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク