Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shun-wadai/shun-wadai.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

通販で激安の訳ありうなぎってどうなの?お試しレビュー

訳ありうなぎというのをご存知だろうか?

うなぎを加工する途中で、切れてしまったり、形が不揃いのうなぎを激安で販売しているものだ。

見た目は悪いが、その分、お値打ちにうなぎを食べる事ができる。

私も今まで話には聞いていたのだが、食べたことがなかったので、今回、実際に購入してみた!

今回購入したのは国産の訳ありうなぎ×2尾。ネット通販で注文すると、数日で冷凍の状態で届いた。

これを解凍して食べる訳だが、ショップのレシピ表を見ると、解凍後にレンジ加熱、そして焼きにするのが一押しの食べ方との事。

早速チャレンジだ!

解凍後、まず500Wで1分のレンジアップ。これにより、中がふっくらとなる。温め過ぎに要注意だ。

そして焼き。ここでの注意事項は、焼きすぎない事。

すでに食べる事ができる様に処理してあるので、ここで焼く理由は、あくまで表面をカリッとさせる食感を付けるため。

実際に焼いてみると、タレをかけていないのだが、うなぎの良い香りがキッチン中に広がっていく!

これぞうなぎ調理の醍醐味だ。

そして完成!付属のタレと山椒をかけてみる。

丼に盛ると、なんとごはんが見えないじゃないか!!かなりの大きさだ。

それでは食べてみる事に。

タレの輝きが見事なもので、臭いも香ばしい。

思った以上に柔らかく、表面はパリッとした食感に仕上がっている。ファミレスのチェ-ン店などのうな丼と比べると、かなり柔らかい。

これが国産うなぎの特徴なのか、加工する時の工夫なのか、よく分からないが、かなり美味しい。

そして忘れてはならないのが、タレがしみ込んだごはんだ。

うなぎはモチロン美味しいが、このタレごはんもまたうな丼の醍醐味のひとつではないだろうか?

正直、このごはんだけでも食が進む。

感想

私の訳ありうなぎの感想だが、何が訳ありなのか分からないくらい、クオリティが高いものだった。

なぜかというと、訳ありの欠点らしいものもなく。ショップのレシオ通りに作ると、かなり美味しく簡単に作る事ができるからだ。

これが市販のうなぎよりお値打ちに買う事ができるなら、知る人だけが得しているという感じだろうか。

もちろん、ショップによって品質のバラツキもあるかもしれないが、私的にはそんなに気になるものではなかった。

さて、ここまで書いておいてなんだが、実は今回初めての訳ありうなぎ購入ということで、実は失敗したポイントもある。

それは調理の時の失敗体験なのだが、通販でうなぎを買う時の参考にしてもらいたい。

それは焼きの過程で、私は火を通し過ぎたことだ。

実はこまめに焼き具合をチェックしていたのだが、香ばしい香りが広がるにつれ、『もう少し焼けばもっと香りが強くなるのでは?』という気持ちから、焼き過ぎてしまった。

結果、端が焦げてしまい、黒くなってしまったので、これは完全なミスだった。

ここで学んだ反省点は、うなぎの香りが漂い始めたら、すぐに火を切り、後は余熱で焼いておくべきだった。

次から気を付けたいと思う。

訳ありうなぎはどこで買える?

最後に訳ありうなぎを販売しているショップだが、私の経験からいうと、楽天市場がオススメだ。

その理由は、数多くのショップが商品を出品しているからだ。

通販うなぎで有名な川口水産はもちろん、国産、外国産、ジャンボうなぎ、ひつまぶしなど、かなりの種類から選ぶ事ができる。

見るだけなら無料だし、見ているうちにお値打ち品もあるかもしれないので、まずは楽天市場をチェックしてみてほしい。

>>現在楽天市場には、これだけの訳ありうなぎが出店しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク