ワールドサムライサミット2016の開催日とアクセスそして詳細

ワールドサムライサミット2016

愛知県長久手市の愛・地球博記念公園で、ワールドサムライサミット2016が開催される。

開催日は11月19(土)、20(日)の2日間だ。

>>『ワールドサムライサミット2016』を開催します!! | 愛知県

>>愛・地球博の各種アクセス方法

これは2015年に名古屋市緑区の大高緑地で行われた東海合戦ワールドが進化したイベントで、武将やら忍者やらの歴史モノの催しがテンコ盛りなのだ。

そして今年平成28年には長久手市の愛・地球博記念公園に会場を移して、以下の様なイベントが行われる!

【大武者行列】

全国の武将隊・忍者隊をはじめ、甲冑隊、武術家、さらに西洋甲冑の騎士などの出演者が一堂に会し威風堂々と行軍。現代に蘇ったサムライたちが、イベントのオ―プニングを華麗に飾る。

【合戦絵巻 小牧・長久手の戦い】

432年前に会場である長久手市で起こった小牧・長久手の戦いをオリジナル脚本と演出で、日本甲冑合戦の会の武術家を中心に一般参加も交えて行う合戦再現劇

>>日本甲冑合戦の会公式サイト

【武将隊・忍者隊演武ステ-ジ】

徳川家康と服部半蔵忍者隊をはじめ、全国の武将隊によるステ-ジ。2014年の愛知合戦ワ-ルドから行われており、目玉的イベントだ

>>徳川家康と服部半蔵忍者隊公式サイト

【騎士鎧バトル】

日本で唯一、本格的なドイツ剣術や西洋甲冑を着ての戦い方を伝える『キャッスル・ティンタジェル』のメンバーによる、アーマーバトル。観戦だけではなく、西洋甲冑の試着体験やドイツ剣術(ロングソード)のワークショップも実施される。

>>キャッスル・ティンタジェル公式サイト

【手筒花火】

戦国時代に使われた、のろしから発展されたといわれる東三河地方の手筒花火の実演。火薬を詰めた竹筒から約20mにもおよぶ火柱がのぼり、揚げ手がその火の粉を浴びながら打ち上げる勇壮華麗な伝統芸能

この他にも、観光PRブ-スや甲冑・忍者衣装体験など、盛りだくさんの催しが予定されている。

私の感想だが、今年のワールドサムライサミット2016も、かなり盛り上がると思う。

なぜかというと、実は私は2014年の愛知合戦ワールド、2015年の東海合戦ワールドと2年連続で見に行っている訳だが、愛知県が総力を継ぎこんでいるイベントだけにかなりの盛り上がりだった。

昨年までは火縄銃鉄砲隊の演出もあり、迫力も凄かったが今年も今までにない催しで盛り上がるだろう。

今から期待が大きいイベントだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク